昭和55年、ドヤ街の外れに小さな下宿があった。数年前に夫を亡くした真希が今は一人で切り盛りしている。35歳の女盛り、グラマーな真希は下宿人たちのマドンナ。女に飢えた男たちのギラギラした視線が、真希の女芯を刺激する…。「あぁ、アナタ…真希の火照ったアソコを静めて頂戴!」真希は夫の遺影に向かい合いながら自慰をするのであった…。

※無料動画のため動画が削除されていた際は他の動画でお楽しみください。

未亡人お色気下宿 青山真希

おすすめの記事